お片付け はじめました

最近のわたし。

f:id:chizuru89:20170722204302j:image

w/食器たち。

 

人様のご自宅にて、片付けのお仕事をしているところです。

 

これがもう、楽しくて楽しくて。

毎回、いろんなことを勉強させてもらってます。

 

この、“お片付け”について、

もう少し詳しいことも後々このブログに書いていきたいなーと思います。

 

【感想】ザ・ノンフィクション 会社と家族にサヨナラ ニートの先の幸せ【phaさん】

私は大のザ・ノンフィクション好きであります。

頭のなかでは常にあの名テーマ曲、サンサーラが流れている状態。

下世話ですが、人様の生きざまを覗き見する感じが好きなんですよね。

 

【ザ・ノンフィクションとは?】

フジテレビで日曜日の昼過ぎに放送されている番組。

タイトルの通り、ある特定の個人を追ったドキュメンタリーである。

http://www.fujitv.co.jp/thenonfx/

 

そんなザ・ノンフィクションに、phaさんが出演していた。

 

【pha(ファ)さんとは?】

ニート界のカリスマ。

著書を4冊出版し、(意外に真面目な内容でどれも面白い)

ギークハウスという、ニート界のシェアハウスを運営している方である。

 http://pha.hateblo.jp

 

phaさんはこの番組で多くを語りませんが、

・人間、ゆるい繋がりでいい

(会社や婚姻制度に囚われず)

ということを言っておられます。

 

激しく同意です。

(私は会社員だし結婚もしているけれど)

 

昔、シェアハウスに住んでいたことがあります。

他人とゆるく繋がれるのは良いものでした。

孤独感に苛まれることがないからです。

(リビングに行けば誰かしらいる)

もちろん、プライバシーは保たれます。

ちょっとした助け合い(醤油の貸し借りや、不在時に宅配便を受け取ってもらうなど)もできます。

人間社会として、基本的にこんな感じ⬆でいいんじゃないかと思います。

 

また、番組内で、小林銅蟲さんという方が登場します。

http://evening.moae.jp/lineup/646

私は初めて知ったのですが、この『めしにしましょう』というマンガの作者さんです

この方も、元ニートとのこと。

感動したのが、この方とっても愛のある方なんですよ・・!

---------

小林さん宅に、突如知り合いの現ニートの方が現れます

この現ニートの方、何をしに来たかというと

主に座るだけ 

 

小林さん曰く、

『適度に監視してもらうため。仲が良ぎても遊んじゃうけど、見られてて緊張しない距離感が大切』なんだとか。

小林さんは連載を抱える漫画家。

サボらないように、作業中、横で誰かに見てていてほしいんだそう。

 

実はもう一つの目的があります。

それは、この現ニートの方に雇用を与えるため。

お給料をあげているんですね。

小林さんは、人に何かを与える段階にきているんだなぁと感動しました。

(この場合は、“雇用”という名の愛を与えている)

-------

ただ、この番組を見た私の知人は、ニートについて嫌悪感を持っているようでした。

曰く、

『全員がこんな人たちになったら、日本はどうなっちゃうの?』

だそうです。

私の考えは、何とかなるし回っていくとおもう。

そもそも人間は、バリバリ頑張って生きていたい人と、そうでない人が嫌でも共存しているもの。

なので、全員がphaさんのようにはなることはありえないし、

phaさんの側に憧れるなら一度ニートをやってみたらいいと思う。

(知人は『がんばらない人』を嫉妬しているんだと思った。)

 

知人『ニートとか生活保護にずっと甘んじている人は税金を納めてないよね?だめじゃん』

→うーん、確かにそうかもしれない。

けど、これも、税金を納めたい人が納めているのが現状なんだよね、どうしても。。

だから、私は税金のことはあんまり気にならない。

 

『親とかに依存している人は、親が死んだらどうするつもりなんだ?』

→その問題は、親が亡くなってから考えればいいんじゃないか?としか。。

 

『今の時代だからできること。戦争時だったら有り得ない』

→ほんとにそう思う。今の時代で良かったよ・・!

 

嫌なことを毎日やって消耗して生きるよりも、『私にはこれができますよ』っていうこと(小さなことでも)を提示して補い合えば、みんな生きていけると思う。

 

phaさんもそんなことを思っているとおもう(多分)ので、共感したという話し。

 

【TDS 】娘と二人で行ってきた その②【夢の国】

娘と行ったディズニーシーレポ。

その①はこちらです。

 

---------------

次に向かったのがマーメイドラグーン

ザ・子ども天国なエリア。

屋内だから天候関係なし、しかも子ども向けのアトラクションしかないです。

 

娘がはしゃいでいたのは、

アリエルのプレイグラウンド内の、

マーメイド・シースプレー

(またもや水が出てくる遊び場)

 

スターフィッシュ・プレイペン

(赤ちゃん向けのスポンジのおもちゃがある遊び場)

(ショッピングセンター等によくあるプレイペンは結構汚いが、ここはキレイだった。)

 

ちょっとだけ不気味な雰囲気の、

ガリオン・グレイヴヤード

娘は入って数秒で『クワァイ(怖い)』と言い抱っこをねだってきました。w

一歳半でも、『怖い』っていう感情がわかるのかと、ちょっと感動。

 

あとは、娘の似顔絵を描いてもらいました。

@スリーピーホエールショップの隣


f:id:chizuru89:20170713112004j:image

アニメタッチに仕上がっております。

フレームは数種類から選べます。

料金は2,000円くらい、時間は10分くらいだったかな。

最初に、絵描き職人さんから絵本を渡されます。

これを子どもに読みきかせて、子どもをじっとさせていてね、とのこと。

もし子どもが眠ってしまったり、泣いたりしたらアナタ(親)が何とかしてね、と。。

言われた通りに絵本を読み聞かせると、ここでもお利口さんにじっとしている娘。

 絵描き職人さんに誉められました。

 

 【ランチ】

マーメイドラグーン内の

セバスチャンのカリブキッチン

ここにした理由は、店内が暗めだから。

(子どもが昼寝するかと思った)

だがしかし、ここでちょっとしたハプニングに見舞われた。

ここは、ファストフード的なところ。

混雑していたためか、席を確保(モノを置く)してから注文の列に並んでいる人が多くいた。

私も同じく席を確保してから、注文をしに行く。

ここでも子連れに優しいキャストさんは、出来上がった料理を一緒に席まで運んでくれるという。

 

キャスト『席はもうお取りですか?』

私『はい、こちらです(^-^)』

 

と、先ほど確保した席まで行くと‥

なんと別の家族が座っている!!w

 

私はこの家族のことを、文化の違いで知らずに座ってしまった外国人(アジア系)だと思い、英語で話しかけた・・

が、思いっきり日本人だった。w

(ちなみに両親と、幼稚園~小学生くらいの子どもが3人の5人家族)

 

 ✳✳✳

私『あの、この席、私たちが取っていた席なんですけど。私のモノが置いてありませんでしたか?』

 

父親『あ、コレのこと?(私が席に置いた帽子を取り出す。)

コレしかなかったから、わかんなかったよ。』

 

私『いや、地図も置いてあったと思うんですが。』

 

父親『あぁ、コレね。(地図も取り出す)

でも、誰も座ってなかったし、わかんなかったよ。』

 

私『誰も座れないからモノを置いてたんですよ‥』

 

父親『あっそう。でも、もう座っちゃったから。悪いね。(←全然悪いと思ってなさそう)』

 

(母親と子どもたちは私と目を合わさず黙々と食べているw)

 ✳✳✳

 

私はキャストさんに励まされながら、別の席を探してなんとか座れた。

 

改めて、ここはディズニー。

人種のるつぼとはこのことか。
色んな人がいるものだ。

 

ここで得た学びは一つ。それは、

ちゃんとしたレストランに行けば良かったのだ。

それだけ。

(セルフサービスじゃなく、席を案内してもらう店ね)

(特に混雑時)

 

席を取る人、

その席を取る人、

どちらが正しい悪いではない。

 

もちろん、このお店も悪くない。

価格帯に見合った(セルフ)サービスを提供しているだけ。

 

そして、その格帯帯に見合った客層が来店する。

至極当然のことですよね。

 ----------------------

 

若干辛いこと(?)も書きましたが、

ディズニー、娘と行って本当に満足感が得られました。

 

キャストが本当に親切だし、しょっちゅう

娘に話しかけたり、

笑わせにきたり、

手を振ってくれるんです。

ぼっちで来ている親としては、嬉しい対応。

 

今回のディズニーで、子どもと二人でお出かけする自信にもなりました。

 

娘としては、いつもの保育園の方が楽しかったかもしれませんが・・

私の自己満足のために、一日付き合ってもらいました。w

 

私的、子連れディズニーのポイント4つ⬇

①ディズニーまでの交通手段はケチらず楽な方法で

②なるべく一筆書きで一周する

③食事はプライオリティ・シーティングを利用する

④子どもは意外と色々できるからやらせてみる

 

以上です。

 

年パスが欲しくなっちゃいました!

現在、ディズニーロスですw

 

 

 

 

 

 

 

【TDS 】娘と二人で行ってきた その①【夢の国】

先日、私の夢をまた一つ叶えて来ました。

(叶えた夢 その①はコチラ)

 
f:id:chizuru89:20170712133716j:image

親の立場になってから初めてのディズニー。

やはり、ディズニーは子連れに優しいワンダーランドでした・・・!

これから子連れでディズニー行く人がいたら、参考になればと思います。

 

------------------------------

【いつ行くか?】

混雑予想サイトでなるべく空いてる日をチョイス。

(7月の前半の平日に行きました)

親子三人で行く予定が、夫が仕事を休めなくなり、私と娘(1歳半)の二人で行くことに。

下の子(0歳3ヶ月)は、祖父とお留守番。

 

【目標】

・子どもを見失わない

・子どもが大ケガをしない

以上の2点。

夫からも、子どもから目を離さないよう散々言われました・・。

 

【ランド?シー?】

私がシーが好きなので、シー。

世界観が好きなんです。

 

【ディズニーまでどうやって行く?】

タクシーで行こうとしたのですが、うまく捕まらず。

歩いていたら最寄りのバス停に着いてしまって、ちょうどバスが来たのでバス→電車で行きました。

が、やはり楽して行く(タクシー)に越したことはないと思いました。

(我が家はTDRまでバスと電車で約30分。)

(車は持っていません。)

ディズニーは体力があってこそ、十分に楽しめる場所だと思うんです。

着くまでに貴重な体力を温存しておきましょう。


f:id:chizuru89:20170712140100j:image

 

【朝食(笑)】

AM 8時 舞浜駅に到着。

ホテルミラコスタのオーチェアノ(ブッフェ)で。

宿泊はしていません。

プライオリティシーティング(席の優先案内予約)で行きました。

理由は、朝食で満足感を得ることができれば、一日を余裕持ってスタートできる気がしたから。

私にとって、それくらい食は大事な問題ですw

結果、オーチェアノ、良かったです。

f:id:chizuru89:20170713142756j:image

ブッフェだけど、料理をよそったお皿をキャストが席まで運んでくれました。

(私が子を抱っこしながら歩いていたから心配りをしてくれた)

あと、コーヒーを頼むとデカフェの提案もしてくれました。

(まだ母乳をあげているかもと思ってくれたらしい。どのみち私はいつも普通のコーヒーを飲むが、せっかくなのでデカフェをいただいた。)

メニューは、和食1:洋食2くらいの割合でした。

 私の大好きなペイストリーやパン、パンケーキが一口サイズで嬉しかったです。

娘は和食のイワシのつみれ汁が気に入っていた様子。

 

【アトラクション】

特に計画を立ててなく、ここ行けたらいいなーっていうくらい。

まず娘が遊んだのが、噴水

f:id:chizuru89:20170712140029j:image

場所は、タワーオブテラーの前の広場。

地面からランダム(?)に水が出てくる、あの場所です。

そこで娘をリリースすると、大興奮。

キャーキャー満面の笑みではしゃぐので、他のちびっこ達が寄ってくるほどw

そこで30分くらい遊び、まだ遊びたそうだったけど私が暑くて限界になってきたので強制終了させました。

当然全身びしょ濡れになったので着替えさせました。

 

次に、トランジット・スチーマーラインに乗りました。


f:id:chizuru89:20170712150100j:image

お船です。

娘は『カワ!カワ!(川)』と連呼。

おしい。なんだけどな・・。

空いてたのでベビーカーのまま乗船できたので楽でした。

 

そして、

・アクアトピア(びしょ濡れコース)

水系なので、またもや娘は喜んでいました。

(ちなみに、パーク内では、子どもでも裸でアトラクションに乗るのは禁止とのこと。)

 

次は、

・ミュージカルショー@ハンガーステージ。

去年から始まったらしい、【シャドウオブランド】という演目。

ベビーカーは外に置いておくように言われます。

場内は自由席ですが、ここでもキャストが親切にしてくれました。

『背の低い子どもでも見やすいですよ』という席を案内してくれたのです。

ちょっと文字では説明しにくい席なので、キャストに訪ねてみてください。

開園まで30分、演目も30分とのことで、

娘が一時間大人しくしていられるか心配でしたが、大丈夫でした!

(待ってる間に、『あと30分でショーが始まるんだよ~』とか話しかけた)

(上映中も、理解しているかはともかく、集中して見ていた)

まだ娘には早いかも‥と思っていたのですが、諦めなくて良かったです!

 

ただ。。ショー自体はちょっとがっかりでしたw

テーマ(勇気を持って一歩踏み出そう的な)は良いのだけど、

脚本が突っ込みどころありすぎでしたw

なぜか途中と最後に篠原とも○みたいな人(花?)が現れたりします。

前の演目のミスティックリズムが面白かったから、期待しすぎちゃったのかもしれません。

ミスティックリズムは音楽もライブ演奏だったし、

“草”役の人も、すごく“草!”になりきってて、そういうところが見ごたえあったんだけどな。(うろ覚え)

急に辛口になってすみませんw

 

長くなったのでその②に続きます!

 

【3000円ゲーム】参加レポ【高田洋平さん】

今日は七夕ですね。

 

保育園の短冊に

【お金が欲しいです】

って書いたら、先生に

『お母さん、これはちょっと・・。』

とやんわり注意され、当たり障りのないお願いごとに書き直した千鶴です。

(ダメって言われるかも、と思いながらも書いてみたら、やっぱり言われたw)

 

【お金がほしい】って、みんなの願いですよね?

だってお金があれば何でも手に入るし。

 

でも私、最近、こんなことを思ったんです。

 

『私は本当は、お金持ちになりたいのではなく、

お金のことで不安にならない人になりたいのではないか・・?』

と。

 

例えば、今の私は、預金残高を見るたびに

増えてたら、ほっとし。

減ってたら、ひやひやしちゃうんです。

 

単なる数字に、いちいち一喜一憂しないようになりたいなと。

そう、お金はそのままでは単なる数字なのに・・

・・じゃあ、そもそもお金って、なんでしょうね??

 

そんなことを思っていたある日。

友人のMちゃんから、一通のLINEが届く。

 

あさぎさんのメルマガで紹介されてた3000円ワーク、期間も開催日も終わってしまっているけど参加してみない?』(原文まま)

 

私はそのとき、あさぎさんのメルマガを読んでおらず、3000円ワークの詳細は全くわかっていなかったけど、こう即答をした。

 

『行く!』

 

なぜこのとき0.1秒で即レスできたかというと、

 

・友人Mちゃん

・あさぎさん

→(この二人が推してるものだからなんか面白いんだろう)

 

と思ったのと、

 

・3000円ワーク←(注:正しくは3000円ゲーム)

→(おそらくお金についてのワークショップ的なものだと推測。最近お金に興味があるから丁度いい)

 

と思ったからである。

 

というわけで、参加が決まってから色々調べたのですが、

この3000円ゲームを主催しているのは、どうやら高田洋平さんという方らしい。

 

高田さんて誰ぞや?

ググってプロフィールを拝見すると、こんなようなことが書いてあった。

 

『今まで良い(と世間で言われる)学校を出て、良い(と世間で言われる)会社に就職。好きな人と結婚し、望んだ子宝にも恵まれた。でも辛かった。理由は、自分軸ではなく、他人軸で生きていたからだ。』

 

え、これって私のことですか??

 

 と勝手に親近感が沸くw

(意図的に多くの人の親近感、共通感を抱かせるプロフィールにしているとしても、ね。)

 

ちなみに3000円ゲームとは、

こちらのページに詳細が書かれています。

 
f:id:chizuru89:20170706161448j:image

(ハーレム状態の高田さん)

(ストライプの服がわたし)

・・・

参加してみての感想は、一言でいうと

あ、全部つながってる。

 でした。

 

解説をすると、

あさぎさんの講座

・最近どこかで読んだこと

・最近誰かから聞いたこと

・最近自分で思っていたこと

すべての話しが、上記のどこかにリンクしていた感じがした。

デジャブ感、というのかな。

 

あ、この話も、この前○○で見た(聞いた)やつだ!

やっぱりそうなんだ。。!

という感じです。

 

お金って、

『どう稼ぐか』

『どう貯めるか』

にフォーカスしがちだけど、

『どう使うか』

これを今までよりも意識していこうと思った。

 

一人一人のお金の使い方で世界は変わるんですって。

 

例えば、ダイヤモンドを買ったとしたら、結果、世界で起きている戦争に助長していることになるかもしれない。とかね。

 

これって怖くもあるし、

素晴らしくもある。

 

使うお金の先が何に(誰に)たどり着くのか、ちょっと想像してみようと思った。

 

また、高田さんが、

『すべての人は存在しているだけで価値がある』   

と言っていて。

想像力が貧しい私は、すかさずこう突っ込んだ。

 

『じゃあ‥!ホームレスにも価値があるんでしょうか?!
ゴミを漁って、橋の下に住んでいるような、ホームレスでも‥?!』

 
f:id:chizuru89:20170706161257j:image

・・・・

 

皆さんは、どう思いますか?

私は、高田さんの回答をきいたとき、

そっかー。

そういう考え方もできるんだー。

って思いましたよ。

そこっ??みたいな。笑

 

わからない!

もしくは

私は○○だと思うけど、高田さんの回答はなに?!

と気になる方がいたら、ぜひ高田さんに会いに行って直接聞いてみてください!

 

お金に対して少しでも興味がある方、

お金について考えて、それを人とシェアし、行動するきっかけになるかも。  

 

最後に、、

ちょっと話はそれますが、私の夢をここで語ろうかと。w

私の夢は、好きなことで生計を立てていくことです。

好きなことは、“お片付け”です。

最近、“お片付けコンサル”をひっそりと始めました。

このオシゴトで、もっともっとお客さんを増やし、稼ぐことが今の夢。

3000円ゲームに参加し、勇気をもらえたので、ここで公言しますw

 

高田さんの思いは、

【“お金”をとっかかりにして、自分の好きなこと・大事にしていることを実現してほしい】

なのですが、私も正にそうで。

【お片付け】というツールを用いて、自分の“スキ”を見つけて欲しい。

そんな思いが共通しているな~と感じました。

 

以上、レポでした!

 

高田洋平さんへのご連絡はこちらから☆

 

ずっと撮りたかった家族写真

私の小さな夢を叶えてきました。

 

プロに家族写真を撮ってもらうこと✨

 


f:id:chizuru89:20170702193335j:image


f:id:chizuru89:20170702193416j:image


f:id:chizuru89:20170702193531j:image

 

 

上の子、1歳半。

 

マタニティ

お宮参り

ハーフバースデー

ファーストバースデー

 

今まで色んなイベントがありつつも、

一回もちゃんとした写真を撮ったことがなかった。

 

なぜか。

 

『写真なんて無意味』

 

だと思っていたからだ。

 

『写真って実用性がないし、せいぜい“眺める”ことしかできないものにお金も時間もかけるなんて、バカバカしい』

 

‥‥

 

でも、本当はずっと憧れていたみたいw

 

家族ができたら、こんなベタなことをやってみたかったのだ。

 

素直に自分の気持ちに気づけてよかった。

 

やってみた感想は、大満足♡♡

 

出来上がりの写真データをスライドショーにして見ているとき、感動して泣きそうになったww

 

これはもう、定期的に撮りに行こうとおもう。

 

 

今回、私たちが行ったスタジオはライフスタジオ青山店です。

【子ども】本当に欲しいなら後回しにする理由なんかない

ここ数年、年頃の男女にずっと思っていたことがある。

 

それは、

 

【子どもが欲しいなら、どんな理由をつ

 けても後回しにしないで欲しい】

 

ということ。

 

周りで子どもを持つことについて悠長に考えている人が多く、驚かされる。

 

ハッキリ言って25歳になる前に、一度全員真剣に考えるべきだと思う。

 

なんでかというと、妊娠・出産・育児には

リミットがあるから。

 

 

・・・

 

そんなことわかってる、 

当たり前だ、

 

と思いますか?

 

本当にちゃんと考えたことあるんでしょうか? 

 

子どもを望んでいる(いた)けれど、理由をつけて後延ばし、もしくは諦めていませんか?

 

例えば、お金の理由。

 

最近、友人が、

子どもが欲しいが、今はお金がないから、まだ・・と言っていた。

 

お金がないってどのくらい?と聞くと、

 

「60万円くらいしかない。」と。

 

私「60万円もあるのに、なにを心配しているの?」、、

 

聞くと、諸々の支払い等があるそうな。

そのため、1年後、目標金額を達成したら子づくりをするとのこと。

 

・・・

 

確かに1年後は、貯金額は増えているかもしれない。

 

しかし、減っているものもたくさんあるのだ。

 

ご存知のように、

 

卵子の数(=妊娠の確率)

精子卵子の質(=健康な子どもである確率)

・人生の残り時間(=寿命)

・若さ(=体力)

 

など。

 

お金は30歳でも40歳でも増やすことはできる。

 

ただ、上記に挙げたものは、決して後から増えることはありえない。

 

もし加齢が原因の不妊治療をしたなら、

せっかく貯めた小金も、

あっという間に飛んでいきます・・。

 

従って、本当に子どもを持つことを希望しているなら、

迷わず子どもを持つことを最優先にしてほしい。

 

なぜ私がこういったことを言うのか?

 

1、自分が親になった今、同じく親の友達が欲しいからである。

つまり、お仲間が欲しい。(同年代の)

 

2、流産を経験したから。

いわゆる科学流産、というものだけど。

当時24歳、妊娠適齢期で健康な私でも流産はするんです。

妊娠・出産はいつでも誰でも簡単にできるわけじゃないということを体感しました。

 

 

この手の話題はセンシティブでもあるけれど、

少しでも皆さんに意識してほしいと思い、書きました。