【江東区】保活記録【認可保育園に入るまで】その③

その②からの続き

【保活って具体的に何するの?】
①情報収集
②見学
~~~~~~~
※今回の記事はコチラから書いていきます⬇
③申し込み書類作成、提出
④結果を待つ

 

③‥提出書類は、主に
・自分達で記入、準備するもの
・勤め先に記入してもらうもの※
※雇用(予定も含む)されている人のみ
の2種類があります。
どちらも即席では記入できないので、余裕を持った方がいいです。
何の書類が必要になるかは、家庭によって違うので割愛します。
うちの場合は、
-----------------
・支給認定申請書兼保育所等利用申込書×1
保育所等利用申込確認書×1
・児童の健康状況申告書×1
↑~ここまでが自分達で記入するもの~
・勤務証明書×2(私分と夫分)
↑~勤め先に記入してもらうもの~
-----------------
上記 計5部あったかと思います。
ここで心折れないでくださいね(笑)
一つ一つ準備すれば、必ず終わりが来ます!(笑)

 

④‥ドキドキの結果発表
2月23日に結果が郵送で自宅に届きました。
結果は、、第四希望に内定!
小躍りして喜んだのを覚えています。

 

【備考】
なぜ我が家が内定できたのかを考察してみます。
まず、認可保育園は申し込み世帯の指数で決まります。
指数とは?
江東区が定めた、『その家庭が保育を必要としている度』のこと。
基本的に、両親ともにフルタイム勤務で満点の24点。
上記に加え、加点と減点項目があります。
例えば、
・シングルマザー、ファザー家庭:+1点
・過去に認可保育園の保育料を3ヶ月以上滞納した家庭:-8点

同点の人がたくさん並んだらどうするか?ですが、更に『優先順位』があります。
例えば、
・経済的に厳しい世帯(前年度の住民税で判定)
・祖父母と同居していない世帯
など

我が家は、満点の24点。
だがしかし、満点+αの家庭はゴロゴロいるわけで。(26点以上とか。)
24点の我が家は、ギリギリ土俵入りはしているものの、横綱級と戦ったら速攻張り飛ばされるのがオチな点数です。
そこで、対策(?)を打ちいました。
それは
『少しでも勝てる可能がある場所で戦おう。』

どういうことかというと、シンプルに、倍率・ボーダー(足切り点)が低い園を第四希望に入れました。

ここがダメなら、もう全部ダメだろう、、という、いわゆる『すべり止め』のつもりで。
(倍率、ボーダーが低いのには理由がありますが、詳しくいうと園名が特定できるので割愛します)
(区のHP で『ボーダー表』や『倍率表』が出てます)
このシンプルすぎる策が項を奏し(?)無事、内定が出たのでした。

第四希望の園ですが、一年間通ってみて、とっても良いところですヨ!

保活中は、くじけそうになることや、憤りを覚えることがあるかもしれません。
でもあきらめないでくださいね!
周りに『(条件的に)厳しい』と言われていたけど、あきらめずに行動して入所が叶った人を、私は知っています。


f:id:chizuru89:20170301104632j:image

以上、長編になってしまいましたが我が家の保活記録でした!

※あくまで平成27年度、江東区、我が家の場合

----------------------------
【保活に役立つHPの紹介】
N.H.K~ニッポンの・働く・かあちゃんのページ~http://www.geocities.jp/nhk_wm/
・江東・ひなたぼっこboard(地域に特化した掲示板)
・入園結果どうだった?ツリー
などがおもしろいです。