読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【江東区】保活記録【番外編:認証保育園】

こんにちは。
前回、認可保育園の保活については書きました。
(その①その②その③)
今回は認証保育園についても書いてみます。

(認可?認証?何それわからない!な方はコチラ⬇)
とうきょう福祉ナビゲーション>認可保育所と認証保育の違い

東京都内の保活ですが、
・認可に申し込みつつ
・認証、認可外も出来るだけ申し込んでおく
のが鉄板です。

 

【申し込みについて】
我が家の場合、認証は12ヶ所ほど申し込みをしました。
(自宅から片道30以内の園すべて)

認可と違うところは、
・認可→区役所に一括申し込み
に対し、
・認証→各園に申し込み
こと、です。

認証は、申込方法や用紙、〆切や選考基準もバラッバラです。

申し込み用紙は、まるで受験や入社のための"願書"のようなところも。
(【当園を希望する理由】のような欄がある)

書き方のポイント(?)としては、

1.いかに保育園を必用としているか

2.数ある保育園の中でもこの園がいい理由

 を熱っぽく書くこと、を意識しました。

例:)

『経済的に困窮しており、保育園に預けられなければ我が家は路頭に迷います(※多少盛ってます)。貴園は、認証にしては珍しい園庭があることや、保育士の方々が若く、体を使った遊びを多くしているところなどが良いと思いました。』

 

【見学について】
認証の見学は、予約を取ることですら厳しいorすでに手遅れ であることが多かったです。
・見学日時はすべて満席といわれた
・1月の時点で見学自体、終了といわれた
・次年度の入園者はもう決まってるといわれた
(=申し込みすらできない) 

見学できないことの何が問題かというと、
見学をしたことが申し込みの条件
であることが多かったからです。
↑この場合は、諦めるしかないです。。
次いきましょう、次!(笑)

 

【倍率について】
倍率は、認可よりも高いところがほとんどでした。
中には、3名の枠に対して、申し込み総数が300件(!)など。
宝くじの方がよっぽど当たるんじゃないか、、と思うほど、気の遠くなるようなこともしばしば。

 

【我が家の結果】
認証で内定が出たのは2つでした。
が、『認可で決まったので~』、と辞退をしました。
(認可の方が保育料が安かった&距離が近かったため)

認証の保活中に
『申し込みは数を打っておいた方がいい』
とよく聞きました。
その通りだと思います。

保活は本当に行動あるのみです。
一つづつやっていきましょう。
お子さんと保護者の楽しい保育園ライフが実現しますように!


f:id:chizuru89:20170303221452j:image