子育て、そんなに大変?

今クールのTVドラマが始まりましたね。

私は普段あまりテレビ見ないんですが、沢尻エリカ様が好きなので、これは見ました↓

水曜ドラマ『母になる』

このドラマ第一話のとあるシーン。
ものすごく違和感を覚えたエリカ様の台詞があったので紹介します。

---------
エリカ様(母親役)は、学生時代の同窓会に出席。
再開した昔の友人と、2軒目で楽しくラーメンを食べた。
そして同窓会の後日、夫にこう言うのだ。


『私、ラーメンが熱々だってことを忘れてた・・!(号泣)』

 
f:id:chizuru89:20170424105705j:image



解説をすると、

出産してからの数年間、熱々のラーメンを食べられなかった。と。

これは別に、産後なぜか猫舌になり、ぬるいものしか食べなくなったから・・という意味ではない。

 

"母"になってからは子どものことで手一杯。

自分がラーメンを食べようと思っても、子どもの世話で手が離せない。

ようやくラーメンを食べられる状況になったころにはすでに冷めている。

つまり自分の自由な時間が取れない日が数年間続いている。


ということらしい。

 

いやいやいや

子育て大変エピソード、大げさに言い過ぎでは?!

ドラマの脚本的に、大げさに言ってるだけだよね・・と思い、

「母になる」「感想」で検索してみた。

そしたらまさかの、

『エリカ様の台詞に痛いほど共感しました』

的な感想をあげている人がたくさんいた・・。


嘘でしょ?

本当にそんなに大変な思いをしている人がいるのか??

私にも1歳と0歳の子がいるけど、

『何年も熱々のラーメンを食べられない』

っていう状況は、さすがにおかしいと思う。

だって、子どもを1時間でも誰かに見ててもらえばいいだけなのに・・。


つらい育児をしている人が、このドラマを見て、

『つらいのは私だけじゃないんだ。』

って思って頑張れるのかもしれない。

でも、この「自分より大変な人を見つけて安心する」という方法では、

「つらい育児」の根本は解決しない。

もっと自分次第で楽に育児できるのにな。

具体的には、
・楽に育児をしている人の実態を知る(調べる)
・その人の生活を一部でも真似してみる
・周りに『大変なので助けてほしい』って言う
とか。


日頃思うのが、

「育児=大変」というイメージをメディアが発信しすぎではないか?ということ。

(『大変だけど、子どもの笑顔を見ると頑張れます!』なども、そう。

いくらポジティブなことを言っていても、頭に『大変だけど』が付くと魅力的に感じない・・)

 

 

いま子なしの人が、こういう情報を真に受けて、

『私には子育てってムリそう。やめとこ。』

って思ってしまったら超もったいないと思う。

「育児って楽しいよ!」

っていう情報が増えたらいいのに。

って、周りに期待だけしていてはダメですね。

超微力ですが、私のブログ記事で発信します。

《 子育て中でも、熱々のラーメンは食べれるよー!!笑 》