子どもといるのが楽しくなった

この前、初めて長女(1歳)と外を歩いてみた。

そしたら、なんだか心が満たされた。

 
f:id:chizuru89:20170519111126j:image

 

子どもと歩く。。

 

なんでもないことだけど、私にとっては大きいこと。

 

今まで、子持ちの友人から

 

『普段は5分の道のりを、子どもと歩くと1時間かかる。でもそれが楽しい♡』

 

的なことを聞いてはいた。

 

私は、そんな話を聞くたびに

 

むりむりむりむり

時間の無駄だし

やる意味がわからない

この友達、、親になってから頭がどうかしちゃったのか?

 

と、、本気で思っていた。

 

でも、ある日、ふと試しにやってみたの。

 

そしたら、面白かった!

娘の様子を観察して、彼女の興味、表情、動き、言葉、どれも新鮮な発見だった。

 

一緒に道を散歩できるようになった娘の成長にもちょっとジーンとした。

 

1年ほど前は、私が産んだのは人形か?と錯覚するくらい動きもしなかった娘が、今や二足歩行をしている。

 

何気に感動である。

 

以前は子どもといるのが苦痛で、保育園に預けた。

保育園に預けるために、復職した。

仕事がしたかったわけではないけど、子どもといるよりはマシ。

 

‥という、なんともネガティブな選択をした。

 

ちょっと前は、自分に余裕がなかった。

自覚はなかったけど毎日小さな我慢を積み重ねていて、

早く一日が終わらないかな。

 

そんなことばかり思ってた。

 

自分に余裕ができると、

子どもといる、何でもない瞬間も大事に思える。

 

やっと、というか今さらながらに気づいた2017年の初夏である。