捨て女メソッド(ステジョメソッド)

捨てれる女になる方法、教えます。何かを手に入れたいなら、まずは断捨離から!モノやしがらみとサヨウナラ

娘と初めての外食

昨日のプレミアムフライデー、皆さんはいかがお過ごしでしたか。

 

私はというと、娘(Yちゃん)と外でディナーをしてきましたよ。

 

実は、Yちゃんと二人の外食はこれが初めて。

 

今までなぜ避けてきたかというと、

私が大変なことが目に見えていたから・・

 

Yちゃんは現在1歳5ヶ月。

 

まだ大人と同じものを、大人と同じようには食べれない。

 

自分に子どもがいない頃は、

外で小さい子の食事の世話をしている親達をみて、大変そうだなぁと思っていた・・。

 

私は静かにゆっくり外食を楽しみたい。

だから、Yちゃんと外食はまだ先かな・・

 

そう思っていた私がなぜYちゃんと二人で外食をする気になったかというと、

同じくらいの月齢の子を持つ友人が頻繁に子どもと外食をしている、という話を耳にし、なんだか楽しそうかも・・?と思ったから。

(すぐ人に影響されるw)

 

 

 

レストランに入ると、Yちゃんはテンション高めでウキウキしている様子。

 

可愛い・・・。

 

この姿を見れただけで、レストランに来て良かった♡

 

そう思ってほっこりしていたのも束の間。

 

注文した料理が来て、楽しそうに食べ始めるYちゃん。

 

 こんな感じの↓
f:id:chizuru89:20170527135347j:image

 

が・・・

 

やはり、テーブルや床、自分の服に大量にこぼす💦

 

あっという間にカオスな状態に・・。

 

そんなとき、ふと隣の席にいる親子の視線を感じた。

 

見ると、身なりの良いお母さんに、これまた利発そうな娘さん(5歳くらい)である。

 

娘さんは、Yちゃんと同じ料理をフォークとナイフを使って上手に食べている。

 

しかもお母さんと知的な会話をしながらである。

 

このレベルまでいくのに、あと何年かかるのだろうか・・と若干気が遠くなった。

 

きっと今、この親子は、私たちのことを

 

『汚い食べ方をする子だな。』

 

『躾がなっていないな。』

 

って思っているんだろうな・・。

 

そう感じ、居心地が悪くなった私は、

自分の料理を平らげ、散らかったテーブルを片付け早々に店を出ようと立ち上がった。

 

その時、隣の席のお母さんから声をかけられた。

 

『おもちゃをお忘れですよ。』

 

ハッと気づきお礼を言い、再度立ち去ろうとしたが、まだ何か言いたげなお母さん。

 

怒られるんじゃないかと、嫌な予感がした。。

 

が、

 

『お子さん、一生懸命に食べていましたね!』

 

と褒めて(?)くれたのである。

 

私が

『ありがとうございます。でも、外食はまだ早かったかもしれません』

 

と言うと、

 

『そんなことないわよ。イスとテーブルの高さがちょっと合っていなかったのかも。』

 

とアドバイス(フォロー?)もしてくれた。

 

 てっきり白い目で見られているのかと思っていたので、嬉しかった。

 

世間は意外と優しかった。 

 

調子に乗って、今度はYちゃんとカフェに行ってみようと思う。