【感想】ザ・ノンフィクション 会社と家族にサヨナラ ニートの先の幸せ【phaさん】

私は大のザ・ノンフィクション好きであります。

頭のなかでは常にあの名テーマ曲、サンサーラが流れている状態。

下世話ですが、人様の生きざまを覗き見する感じが好きなんですよね。

 

【ザ・ノンフィクションとは?】

フジテレビで日曜日の昼過ぎに放送されている番組。

タイトルの通り、ある特定の個人を追ったドキュメンタリーである。

http://www.fujitv.co.jp/thenonfx/

 

そんなザ・ノンフィクションに、phaさんが出演していた。

 

【pha(ファ)さんとは?】

ニート界のカリスマ。

著書を4冊出版し、(意外に真面目な内容でどれも面白い)

ギークハウスという、ニート界のシェアハウスを運営している方である。

 http://pha.hateblo.jp

 

phaさんはこの番組で多くを語りませんが、

・人間、ゆるい繋がりでいい

(会社や婚姻制度に囚われず)

ということを言っておられます。

 

激しく同意です。

(私は会社員だし結婚もしているけれど)

 

昔、シェアハウスに住んでいたことがあります。

他人とゆるく繋がれるのは良いものでした。

孤独感に苛まれることがないからです。

(リビングに行けば誰かしらいる)

もちろん、プライバシーは保たれます。

ちょっとした助け合い(醤油の貸し借りや、不在時に宅配便を受け取ってもらうなど)もできます。

人間社会として、基本的にこんな感じ⬆でいいんじゃないかと思います。

 

また、番組内で、小林銅蟲さんという方が登場します。

http://evening.moae.jp/lineup/646

私は初めて知ったのですが、この『めしにしましょう』というマンガの作者さんです

この方も、元ニートとのこと。

感動したのが、この方とっても愛のある方なんですよ・・!

---------

小林さん宅に、突如知り合いの現ニートの方が現れます

この現ニートの方、何をしに来たかというと

主に座るだけ 

 

小林さん曰く、

『適度に監視してもらうため。仲が良ぎても遊んじゃうけど、見られてて緊張しない距離感が大切』なんだとか。

小林さんは連載を抱える漫画家。

サボらないように、作業中、横で誰かに見てていてほしいんだそう。

 

実はもう一つの目的があります。

それは、この現ニートの方に雇用を与えるため。

お給料をあげているんですね。

小林さんは、人に何かを与える段階にきているんだなぁと感動しました。

(この場合は、“雇用”という名の愛を与えている)

-------

ただ、この番組を見た私の知人は、ニートについて嫌悪感を持っているようでした。

曰く、

『全員がこんな人たちになったら、日本はどうなっちゃうの?』

だそうです。

私の考えは、何とかなるし回っていくとおもう。

そもそも人間は、バリバリ頑張って生きていたい人と、そうでない人が嫌でも共存しているもの。

なので、全員がphaさんのようにはなることはありえないし、

phaさんの側に憧れるなら一度ニートをやってみたらいいと思う。

(知人は『がんばらない人』を嫉妬しているんだと思った。)

 

知人『ニートとか生活保護にずっと甘んじている人は税金を納めてないよね?だめじゃん』

→うーん、確かにそうかもしれない。

けど、これも、税金を納めたい人が納めているのが現状なんだよね、どうしても。。

だから、私は税金のことはあんまり気にならない。

 

『親とかに依存している人は、親が死んだらどうするつもりなんだ?』

→その問題は、親が亡くなってから考えればいいんじゃないか?としか。。

 

『今の時代だからできること。戦争時だったら有り得ない』

→ほんとにそう思う。今の時代で良かったよ・・!

 

嫌なことを毎日やって消耗して生きるよりも、『私にはこれができますよ』っていうこと(小さなことでも)を提示して補い合えば、みんな生きていけると思う。

 

phaさんもそんなことを思っているとおもう(多分)ので、共感したという話し。